Blog


例えば近所のおイベントとかに行ってみると見抜く実態

例えばウィークエンドだったとして、以外と近所でお催しがやっていたり行なう。自家用車のラジオでふと言っているのを聞いたりしたら、行ってみようと思って試しに行くと行なう。思った以上にホットで人間腕が凄いなとなったり行なう。聞いてないよとか思ったりしますが、そうやって探していると、全国的にやるものです。近いところから探して勝算を擦り込みながら美しくみていると、無名でやる知らせが手に入るもんです。隣家圏から行ってみると、疲労は始めるんですが、すばらしい備忘録になったり行なう。ただでさえ休暇というのがありますが、見物やトラベルなど、かなり栄えているもんです。騙されたと思って心がけるのが発端ですが、行ってみるとお宝になったり始めるものが見つかったり行なう。それを追っていくと、そこだけじゃなくて、全国的に他の県内にもおんなじ店舗があるんです。最初は驚きますが、だんだん赴き尽くしてきて、先コミカルなと思ってしまう。ぼんやりする時もありますが、行った分嬉しい蓄積になったなと思えます。そうやってるとまた違う興味が持てることが出てきて、真新しいけどその分おもしろいなとか思えて、気違いみたいになったりお決まりみたいになったり行なう。スリムイブはお茶で痩せます!

Continuar leyendo →



昭和の恋と平成の恋のギャップとは一体何?

時は昭和。
まだ持ち運び電話も弱いところのハナシだ。

自身に初めて女房ができたのは、就職して1人間暮らしをしてからのことです。
今の若者からは考えられない、奥手な女の人大いのちでした。

お家にいたところは父兄が酷く、ダディから電話がかかってこようカタチなら、即ガチャン!
お家通いの学生時代には、睦まじいボーイフレンドなど出来みたいもありませんでした。

界隈はみな、アッシーくんだのメッシーくんだの複数はべらせて、それはそれは晴れ晴れで楽しそうな女の人大生ライフスタイルを満喫しているのに、自分は…!
厳格な父兄の「娘はいません、ガチャン!」さえなければ…
と、どれだけ黒電話をうらめしく眺めたか、わかりません。

なので、民家を出てから、真っ先に買ったのは、留守番電話。
初めての自分だけの電話だ。

これで、おもう存分、異性がこなせる!
と本気で信じていました。

自分の所見でのレスツイートを吹きこんでは、
素っ気なさすぎるかしら?
いいえ、これだと、媚びてるみたいだわ…
と何度もやり直しては、ワクワク鼓動。

これから、一体誰からどのくらいここに電話が要るのかな?
と胸をときめかせていた、純情すぎる23才の春。

そして、気の知れた友人の紹介で知り合ったやつからの電話が、たびたび要るようになったのは、留守番電話を買って1ヶ1ヶ月のところでした。

リン、となると、あの人間かな?とドキドキしながら気取った所見で電話を取り、お風呂に入っている間にかかってきたらマジ!と、いそいそと留守番電話をセットします。

毎晩1時間は貫く、初めてできた主人との電話は、それぞれなかなか切れず、
「切って」「いや、くんから切ってよ」「じゃあ、いっせいのせ、ね!」
と、現在で言う「バカップル」自身でした。

そつて蜜1ヶ月が過ぎ、離別をどうやって切りだそうか戸惑うチャンスには、
電話が鳴り渡るとドキリとして、主人だったら出たくないな…と居留守をつぎ込み、留守番電話をミックス。
別の気の知れた友人の所見がすると、慌てて受話器物をとるという年中。

ついに離別を切り出したのは、書状でした。
会って話す胆力はないけれど、電話でお離れ、なんて失礼なことは出来ない、と悩んだ後半の、最後の信書。

ネットで異性人間をみつけ、LINEでおさらばを当てはまる最近は、確かに気楽だけれど、
こんなトキメキやドキドキは、絶対に味わえないのではないでしょうか。

そしてあれから四半世紀たった今、あの初めての主人は、現在どうしてるのかな?と、随時思い起こすこともあります。

SNSなどで調べれば極めるかもしれないけれど、昭和の異性には似合わないので、それはやりません。

あの時代のシンボルとも当てはまる、記号のついた電話とともに、心の裏に、そっとしまっておきましょう。
スマートレッグはおすすめですよ!

Continuar leyendo →



私の初めての主人は今でも忘れられません

わたくしは恋愛には億劫で父親の人間も苦手なので、21才まで亭主がいたことがありませんでした。
専用塾を卒業して世間人間になってから、ミュージック尽力を続けながら毎日働いていたのですが、学生時代のベストフレンドに舞踏の事象に誘われて、そこで亭主に会いました。
亭主は私の学生時代のベストフレンドの地元のベストフレンドで舞踏は未トライだったのですが、してみたい!とずっと思っていたらしく一緒に事象に参加することになりました。
大人数でわいわいやる内に仲良くなり、事象が終わって打ち上げをやる帰りに酔った勢いで手を繋いだりしていました。
それから毎日連絡を取るようになり、いろいろ問題も聞いてもらったりして日に日にギャップが縮まり、2人間で遊びに行く魂胆を立てて、もう双方両思いということは明らかだったのですが、亭主が会った場合直言いたい。と言いわたくしは待っていたのですが、遊びに行くまでに2週ほどあったので、その間も連絡していて辛抱出来なくなった亭主が電話で告白してくれて付き合うようになりました。

初めて行ったデートは水族館で、わたくしは初めての亭主と、大好きな水族館と生じるんるんでした。
他にも映像や、両者が出向くようなデートスポットや、泊まりでスパトリップなども行ったりすごくうれしい日々を送っていました。

ですがだんだん、亭主の束縛が辛いと思うようになってしまいました。
販売のベストフレンドとカラオケに行ったりご飯に行ったりすると機嫌が悪くなります。
自分がされたらどうおもうの?と聞かれ、別に良いよ。とも言えず…
だんだんとギャップが開いていきました。
更には、巡り合う重要が舞踏だったということもあり、わたくしは会う前からミュージック尽力をしていたのに、客人と会うのもお断りと言われ、短くちびっこを作ってミュージックなんて辞めればいいのに。と言われてしまいました。
こういう人間は私の妄想を応援してくれない、こういう人間とはいずれが見られない。と思って別れてしまいました。
楽しかった土産もいっぱいありますが、最後は結構酷かったので、その時のことをちゃんと噛み締めて次の恋愛に向けていきたいと思った実例でした。フルアクリフって何?

Continuar leyendo →



ヤフオクでトレッキングシューズを落札しました

天気が良い日が続いており、気候もちょうど良いのでどこか近くの山や遊歩道でウォーキングを楽しもうかと思いました。それで使えるアウトドア用のシューズを購入しようと思いました。ただ予算もあまりないので安く手に入れるためネットのオークション情報を探しました。
ヤフオクでトレッキングシューズ、レディースで検索したら、まだ1回しか着用していなくて即決価格が3000円のコロンビアというブランドのシューズがありました。
ネットでそのシューズの評判を確認したところ、アマゾンの同一製品のレビューも高い評価が多く、本格的な登山は無理でも春から夏のシーズン内で低山なら十分使えるという意見がありました。靴のデザインもブラウンに黄色の靴ひもがついており素敵でしたので、思い切って即決で落札しました。
店頭価格は1万くらいの品なので大分お得ですね。ヤフオクも探すと意外と即決でよいものを出品している人が多いので予算を押さえたいときに使えます。
今は仕事が忙しいので受け取れるのは週末になりそうですが、靴が届いたら、さてどこに行こうか色々想像するだけでも楽しくなります。
私が住んでいるのは東京郊外なので、まだ自然が多少は残っており自然散策するのによい場所が多くあります。
まず近くの川の脇道が遊歩道としてハイキングコースのように整備されているので、梅雨が来る前に歩いてみたいですね。
エキサイトフレンズより熱い出会い系サイトは?

Continuar leyendo →



結婚生活

<結婚>
私は38歳の男性です。結婚して14年目になります。子宝にも恵まれ4人の子供の父親です。男2人女2人とバランスよく産み分けてくれた奥さんに感謝しています。日々の生活ですが結婚当初と現在とでは奥さんの対応が全然違います。
<結婚当初>
結婚当初はとても優しかった奥さんでした。仕事から帰ったときは玄関まで出迎えてくれました。食事やお風呂も夫の私を中心に考えてくれていました。1人目の子供が生まれた時から奥さんの言動や行動が少しづつ変わっていきました。わかりやすく言うと奥さんは、子供を1人生むごとに強くなっていくという印象です。
<結婚現在>
現在では私は家庭中心にはいません。お子さんがいるどこの家庭でも一緒かもしれませんが、中心にいるのは奥さんと子供です。買い物などに行くときは私は運転手と荷物持ちです。会話はほとんどなく、奥さんと女の子の子供とよくしゃっべています。食事は私の分はみなの残り物がほとんどです。残り物さえないときは冷凍食品のラ-メンやパスタがよくでます。
<理想の結婚生活>
現実と理想はまるっきり違います。私の考えですが、家庭が円満に行くためには奥さんが笑っているときです。夫が出しゃばってはいけません。奥さんにとって夫は他人です。血つながった子供を優先的に考えるのは当たり前です。それを理解して、夫は奥さんの3歩後ろを歩く位のほうがちょうど良いのです。私の場合は子供が4人もいるからかもしれませんがこういう考え方になりました。
<結婚生活今後>
4人の子供たちが家を出るのはもう少し先の話になりますが、奥さんの強さは今後も変わらないと思います。結婚して円満な家庭を持つということは、今後も奥さんが笑っている家庭を作るということです。結婚する前の理想とはかけ離れていますが、現実は女が強いということです。男性はこのことが理解できない、理解したくないと思いますが理解することによって離婚の大きな原因がなくなります。経済的なことももちろんあると思いますが、価値観の違いが一番の原因ではないでしょうか。これから家庭を持たれる方は、夫の器の大きさ、奥さんの笑いこの2つに気を付けて楽しい結婚生活を送ってほしいと思います。
Continuar leyendo →